2016年03月28日

ミセス クリスティーナ

image-defc5.jpeg
「ミセス クリスティーナ」vol.1

彼女は、今から100年前にイタリアのアマルフィ海岸の小さな農家で産まれた。

幼少期のクリスティーナは、人の気持ちが分かる少女だった。
友達からは「クリス」と呼ばれ、いつも愛される少女だった。

4歳のある日、クリスの親友「チルキー」が足に怪我をした。クリスは小さな体ながらもチルキーを担いで家まで送ろうと必死だった。
その時、近所の老婆が「可哀想に。。。」と呟きその場を離れそうになった時、クリスはとっさにその老婆に「あなたが担いであげて!私は小さくて担げないの!」と叫んだ。

クリスは心から泣いた。子供ながらに老婆の立ち去る様子が当時の大人社会と繋がったのだ。

のちにこう語る。
「私があの時にあの老婆に言った言葉は、私の実の母親に対して言ったのかもしれない」

クリスとチルキーが8歳になる春の暖かい日の事。
悲しい事故が起きた。

vol.2に続く


posted by 洋風バナナ at 23:21| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊予市五色浜のお祭りへ出店しました(^O^☆♪

image-3c3c8.jpeg
3/27(日)
今日は、伊予市の五色浜の商店街にて毎年恒例のお祭りがありました。

地域活性化の為に、地元の若者が企画運営しているそうです。

こうして、地元の若者が元気な町はやっぱり活気があると肌で感じます。

そして、今回のお祭りに三日月とカフェもフレンチトースト「手軽にカップバージョン」を投入しました。

予想を上回るお客様だったようで、あっという間に完売したようです。

御断りしたお客様申し訳ありません(。-_-。)

来年はもっとワクワク出来る商品を引っさげて登場します(^O^☆♪
image-22beb.jpegimage-be8b3.jpeg
posted by 洋風バナナ at 14:16| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ページの先頭へ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。