2016年04月08日

「ミセス クリスティーナ」vol.7


「ミセス クリスティーナ」vol.7
クリスはジーンにあいさつをし、隣の部屋をノックした。どんな人だろうと心なしかソワソワしながらドアを開けた。

ーーーーーーーーーーーー。

部屋に入ると12歳ぐらいの男の子が電話で話をしていた。部屋を見渡してもフーバーらしき人はいない。部屋を間違えたと思い、出ようとした時男の子が電話をきった。

「それじゃあ、馬車3台分を明日市場に持って来てくれるかい?ああ、「ドルジー」いつもありがとね!・・・。ガチャン。君かい?クリスは?仕事を教えるからそこに座って」

クリスは驚きを隠せなかった。目の前にいる12歳ぐらいの男の子がフーバーだったのだ。
クリスが口を開けたまま椅子に座るとすぐにフーバーが一枚の地図を差し出した。

「これが僕らバイヤーが管理している農場の場所と経路だよ」

そこには、無数に辿られた線に、見ただけでは分からないほどのマークが記されていた。
クリスはこれほどの規模とは思いもよらなかった。
フーバーが言った。
「クリス、3日後の出発の手配は済んでるからね。」
「えっ?どこに行くの?」
クリスは思わず聞いた。

またかという表情でフーバーは言った。
「ジーンのやつ、また僕に。。。。しょうがないなぁ。クリスは3日後にこの地図の緑のマークしてある農場に行き、作物の成長具合と、農夫と人間関係を築いてくるんだよ。」

地図に緑のマークしてある農場は、約50カ所あった。クリスは何のためらいもなくフーバーに言った。

「フーバー、これを私ひとりでどれくらいかかると思ってるの?」

フーバーは声を大きくあげた。

「クリス!甘えてんじゃないよ!あんたは1年後には社長だぜ!」

vol.8に続く

image-e08df.jpeg


posted by 洋風バナナ at 01:01| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ページの先頭へ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。